Windows8はスタートメニューさえあれば最高だったのに

かたチャ

Windows8はスタートメニューさえあれば最高だったのに

      2017/02/07

すでに多くの人が指摘しているところですが、Windows8はスターアップメニューさえ変えなきゃ最高だったのにと私も昨日つくづく思いました。

というのも昨日、Windows8に旧Windows風のスタートメニューを追加してくれるフリーウェアを導入したのです。

そしたらデスクトップの整理がはかどるはかどる。今までスタートアップメニューからプログラムを起動できなかったので仕方なくデスクトップにショートカットをたくさん置いていたことに気がつきました。

プログラムのショートカットの消えたデスクトップは非常にスッキリとした気分を与えてくれて、クリェイティブが加速しそうな予感がします。

このエントリーはWindows8をバカにしようとしているわけではなく、スタートメニュー1つのために不当に評価が下がっているのがもったいないという気持ちで書いています。

Windows8は動作の速さ特に優れています。まず起動が給与明細Windowsと比較して目覚しく早いですし、ファイルコピーも速いです。そして突然固まることもありません。使い続けると遅くなるというなぞの現象もあまり見られません。

動作の軽快さにおいて非常に優秀であることが、スタートメニューのせいでかき消えてしまっているのが残念です。

スタートアップメニューはプログラムを導入すればなんとかなるので、本当はWindows8だって良いOSなんだよ!と主張して筆を置きたいと思います。

 - Windows8