『確定申告』「医療費控除」の対象は10万円

かたチャ

『確定申告』「医療費控除」の対象は10万円

      2017/02/21

東京でサラリーマンをしているかたつむりですが、そろそろ『確定申告』のシーズンがやってきました。

医療費が10万円以上で「医療費控除」が受けられる

基本的に年末調整が存在するサラリーマンにとって確定申告はあまり縁がないのですが、例外的に医療費が10万円を超えた場合に控除が受けられる「医療費控除」が存在することはかねてから噂で知っていました。

医療費控除額の計算方法

厳密には所得が200万円以上の人が10万円固定で控除されるということでした。

〔その年中に支払った医療費〕-〔保険金などで補される金額〕-〔10万円又は所得金額の5%(どちらか少ない額)〕=〔医療費控除額(最高200万円)〕

引用元:医療費を支払ったとき|税について調べる|国税庁

早速、昨年の医療費を合算

そこで昨年結構、医者にかかったな…という自覚のあったので、去年一年間の領収書を引っ張り出して医療費を合算してみました。

しかし、、合算して も7万円ほどでした。。

まとめ

医療費10万円超えは結構ハードル高いなと思いました。
医療費控除は家族分をまとめると得するという情報を得て気を取り直しましたが、娘は1才なので医療費はかかっておらず、妻も領収書取っておいていないということで今回の医療費控除申請は、申請せずして頓挫となりました(;д;)

 - 確定申告